まつげ育毛の基本はメイク落とし!クレンジング剤の洗浄力と正しい洗い方

クレンジング 方法

まつげ育毛するのにとっても大切な事!それは【洗顔】です(゜ロ゜)まつげ美容液を使用する際には清潔なお肌に塗る!のが絶対条件なのでその為にも正しいクレンジング方法を知っておく必要があります。メイク残りがあるとまつげだけでなくお肌にも負担がかかり肌トラブルの原因になりますのでメイク落としの方法をもう一度見直してみましょう。

1.クレンジングとは?

クレンジング 方法

クレンジングはメイクを落とすのにすごく便利なアイテムです。油性の化粧などは一般的な洗顔料で完璧に落とすことは難しく、クレンジングを使って毛穴の奥からメイク汚れを取ることが出来ます。口紅やアイメイクなど洗顔料では落ちにくいメイクも簡単に落とすことが出来ます。メイクが残ったままだとまつげにはすごく負担がかかってしまいますので長くて丈夫なまつげを保つためにはいつも目元を清潔にしておくことが重要です。メイクが残ったまま、まつげ美容液を塗ってもしっかり浸透しませんし、肌トラブルの原因になります。

 

2.クレンジング剤の種類

 

クレンジング剤にも色々な種類があります。その種類によっては自分の肌に合わず、肌トラブルの原因になる場合もあるので色々、試して自分の肌とメイクの濃さなどで選ぶ事をオススメします。基本的に脂性肌の人はどのクレンジング剤でも大丈夫と言われていますが乾燥肌の人は合わないとさらに乾燥がひどくなってしまう場合があるようです。

 

2-1.クレンジングオイル

オイルタイプのクレンジング剤ですべりが良く使い心地がとても良いです。ベビーローションのような感覚でスルスルとお肌になじみます。オイルは洗浄力が高いので頑固なアイメイクやマスカラまで綺麗に落とすことが出来ます。皮脂が酸化して毛穴につまってしまったものも取り除いてくれます。クレンジングオイルは界面活性剤が含まれていて界面活性剤が汚れを浮き上がらせる効果があるのです。

 

2-2.クレンジングローション

さっぱりした感覚でメイクが落とせるローションはお風呂ではなくコットンなどにひたしてメイクを落とすのが一般的です。さらさらとした水に近い付け心地なので洗っていても不快感がなくスッキリできます。コットンに付けて落とすのでコットンで擦りすぎないように注意が必要です。

 

2-3.クレンジングクリーム

クリームタイプなので塗った感触も肌に優しく柔らかいクレンジング剤です。肌になじませて拭き取ったり、そのまま洗い流したりと商品によって使用方法が異なります。

 

2-4.クレンジングジェル

クレンジングジェルは肌への浸透性が高くてが肌と手の摩擦を抑えてくれます。最近では肌につけると温まるタイプのホットクレンジングジェルが出ていて人気があります。

 

2-5.クレンジングフォーム

一般的な洗顔フォームと同じチューブタイプで泡立ちが良く、泡で毛穴の中のメイクを落とすことができ、メイクを落とす成分だけでなく美容成分などを配合してる商品が多いです。

 

2-6.メイク落としシート

メイクを落とす成分が入ったシートで拭くだけでメイクが落ちるのでお出かけ中やお泊りのときなどに便利です。商品によってはオイル成分を含んだシートもあります。

 

 

3.クレンジングの仕方

クレンジング 方法

メイクをキレイに落とす為にはクレンジングの仕方も重要になってきます。クレンジングなんて全部、一気に落としてしまえば良いと思いますが正しいクレンジング方法があるのです。クレンジングを正しい方法ですることによって肌への負担も軽減できます。

 

3-1.メイクの濃い所から落とす

まずは口紅やアイメイクなどの濃い部分から落としていきます。アイメイクなどはウォータープルーフマスカラなどを使用しているとすごく落としずらいですよね。でもこすりすぎには注意してください。まつげが抜ける原因となってしまいます。擦りすぎると肌にも負担がかかって肌荒れの原因にもなります。そして濃いメイクが落ちたらベースメイクなどを落とします。ベースメイクも毛穴の入り込んでいるのでしっかり浮かせてから流します。

 

3-2.流すときはぬるま湯で

流すときはぬるま湯が一番オススメです。熱すぎると肌に必要な油分まで取り除いてしまって乾燥がひどくなったり冷たい水で流すとクレンジング剤が固まって毛穴も締まり、毛穴に汚れが残ったままになってしまうのでぬるま湯で流すのが一番オススメです。

 

4.クレンジング剤の洗浄力

クレンジング 方法

クレンジングにも色々な種類がありますがその種類によって洗浄力や肌への負担も変わってきます。一日の中で一番、肌に負担がかかっているのがクレンジングだと言われています。その中でも洗浄力の強いものなどは肌への負担もより大きいです。

今回、紹介した中では・・

メイク落としシート
拭き取るだけでメイクが落とせるのですごく便利なアイテムですがやはり肌への負担が大きいです。他のクレンジング剤の中でもシートタイプが一番、肌への負担があります。なのでメイク落としシートを使うのはお泊りの時やどうしても水が近くにない場合など困ったときだけにした方が良さそうです。メイクを落とさずに寝るよりはメイク落としシートで落とした方が負担は少ないので飲み会などで遅くなってしまったときなどに便利です。しかしアイメイクなどの細かいところまでキレイに落としきれないのでまつげへの負担はありそうです

 

クレンジングオイル
オイルタイプも洗浄力はとても高いですが肌への負担も大きいです。オイルなので油分も多く肌へつけるだけでダメージがあるのです。お風呂で使えるタイプも多くクレンジングというとオイルを想像する人が一番多いと思います。目元などもオイルがサッとなじむので落としやすくオイルを足さなくても少量で済みます。なのでオイルを使っている人は洗い方に気を付けて肌への負担を減らしましょう。

 

クレンジングジェル
ジェルは肌への負担は小さいのですが洗浄力もそれほど高くはありません。商品によってはオイルインやオイルフリーなど肌への負担を考えたものもあります。洗浄力はそれほど高くないのでナチュラルメイクの時やベースを薄く塗っただけのメイクの時などに使うと肌への負担も少ないですしメイクもしっかり落ちます。

 

その他にもアイメイク専用のアイメイクリムーバーなどもありますがリムーバーもコットンや綿棒を使って肌を傷つけないようにメイクを落とすのが基本です。目元は本当に皮膚が薄いのでちょっとした衝撃ですぐ肌トラブルが起きてしまうのでメイクを落とすときには注意が必要です。クレンジング剤も自分の肌とメイクの濃さで商品を決めた方が良いでしょう。

 

5.マツエクがついている時

 

まつげエクステがついている時は使用するクレンジング剤も限られてきます。まつげエクステのグル―(接着剤)は水に弱い上に油にも弱いです。なのでオイルインのクレンジングを使ってしまうとマツエクの持ちが悪くなります。ひどいとそのクレンジング中にポロポロとマツエクが抜けてきてしまうのでクレンジング剤はオイルフリーを選びましょう。

 

6.クレンジングのポイント

クレンジング 方法

クレンジング剤を肌につけてもこすらなければ落ちてる感じはしませんよね。よくCMなどで「こすらず落とす」とやっていますが実際、何時間もたっているメイクを擦らず落とすのはとても難しいです。皮脂と固まってしまったメイクにただクレンジング剤をかけても自然にメイクは落ちてくれないですよね。かと言ってゴシゴシこすってしまうと肌やまぶたに負担がかかります。それだけでも皮膚の薄いまぶたは色素沈着になってしまうのです。それを毎日続けてしまったらお肌もボロボロになってしまいますよね。

 

6-1.力を入れてこすらない

なのでクレンジングをするときは力を入れすぎないように気を付けて手のひらは自分が思った以上に力が加わってしまっているので手のひらは使わず指の腹を使ってきれいにメイクを落としてください。また商品によっては乾いた手でしか使えないものがあったりしますがその場合はしっかり使い方を守って摩擦にも注意してください。

 

7.ポイントメイク専用リムーバーを使う

 

濃く引いたアイラインやウォータープルーフのマスカラなど普通のクレンジングで洗ってもなかなか落ちないですよね。そのため無理に落とそうとして目元をこすってしまったりと悪循環になっています。アイメイクが顔のパーツで一番メイクが濃いと思いますのでその場合は普通のクレンジングではなくポイントメイク専用のリムーバーを使う事をオススメします。リムーバーを使うと頑固なメイクもスルスル落ちますのでこすらずメイクを落とすことが出来ます。コットンにリムーバーを含ませて目元に置き少しの間、放置しているとすごく取れやすくなります。その後に綿棒などを使って細かい汚れやメイクの残りを落としてみましょう。丁寧に優しくです。決してこすらないようにしてください。メイクを完璧に落とすという事はまつげも育毛だけでなく肌にも良いので美肌効果も期待できます。

 

8.ポイントメイク専用リムーバーとは?

 

ポイントメイク専用リムーバーとは洗浄力がすごく強くこすらず簡単にメイクを落とすことが出来るアイテムです。コットンにリムーバーを含ませて乗せるだけでメイクが自然と浮いてくるので後は洗い流すだけ。力を入れずにアイメイクを落とすことが可能ですが洗浄力が強いため、顔全体に塗ってはいけません。濃いメイクの部分にだけ使用してください。顔全体に使ってしまうと肌に必要な皮脂や角質までも取ってしまい肌トラブルの原因になります。

 

9.まとめ

クレンジング 方法

メイクをしていれば必ずクレンジングは必要になってきます。クレンジングは肌への負担がありますが洗い方で負担は軽減できるので擦りすぎないように手早くしてみてください。あまり長い時間クレンジングをするのもあまり肌には良くないのでサッと早く終わらせてみてください。

まつげの隙間に入ったメイク汚れもしっかり落としてあげると目元も清潔で目の病気になりずらいですしまつげの伸びもとても良くなります。まつげ美容液を使用するときは目元を清潔にしておくことが絶対条件なのでクレンジングは少し面倒ですが丁寧に早くこすらず!を意識してやってみましょう。

全て綺麗に流してお風呂を出るときに冷水で顔を洗うと毛穴がしまって肌のキメが整いますよ。
肌を清潔にしておくと肌トラブルや次の日の化粧ノリ、化粧水の入りも全然変わってくるので
ぜひ今日から正しいクレンジング方法でメイクを落としてみてください。

 

8svnz5uoklaekvb1480658993_1480659388

ランキング2