目を大きくするメイク方法☆デカ目にする化粧とは?ナチュラルで自然に整形メイク♪

matuge97

1.最近のメイクは・・・

 

最近ではナチュラルですがしっかりデカ目効果を出すメイクがとても流行っています。整形メイクという言葉もあるように整形してないのに整形並みのメイクをすることが可能なんですよね。例えばアイプチやメザイクなどで二重にしたり、二重の幅を広げたりして目の大きさが通常時の2倍になったり、目頭にアイラインでちょこんと線を入れるだけで目頭切開をしたように切れ長で大きな目に見せる事が出来たりとメイク自体もどんどん進化しています。

 

2.デカ目効果とは?

 

少し前までのアイメイクはとにかく目を大きく見せる為に濃いめのアイラインに濃いつけまつげが定番でしたよね。確かにアイラインを濃く引くことによって目は大きく見えますが今はあまり流行っていません。つけまつげも最近はナチュラルで自然なタイプがとても人気があり、束感の強い見ただけでつけまつげだとわかってしまうデザインよりは毛束も少なく目になじみの良いつけまつげが良く売れています。ただしデカ目効果はメイクが薄くなったからと言ってなくなるわけではないのです。どんなにナチュラルメイクで薄くてもデカ目に見せる事は可能です。

 

3.目が小さく見えるアイライン

PAK72_kawamurasalon15220239_TP_V

アイラインは引き方によって目が小さく見えてしまう事もあります。目の周りを全てアイラインで囲むメイクは目を大きく見せるのには適していません。一見、囲みメイクはアイラインが目の周りを埋め尽くすので強強調性があって目が大きく見えそうな感じがしますが目の周りをアイラインで囲む事で白目が小さく見えてしまうのです。そうすると目自体が小さいという認識になってデカ目効果は失われてしまうという事です。どんなにまつげを上げてもアイラインで目の周りを囲んでしまっているとデカ目効果は期待できませんので注意して下さい。

 

4.囲みメイクはブラウンで!

 

囲みメイクはブラウンでする事によって目元に抜け感が出てデカ目に見せる事が出来ます。ですが目の下はブラウンのアイシャドウなどでぼかして囲む事が大切です。アイラインもブラウンを選んで囲みメイクをする事で垢抜けて大人っぽい目元にする事が出来ます。ブラウンのアイラインはガッツリ引いてしまうのではなく、まつげの生え際を埋めるなど控えめにする事で目の大きさはキープしたまま目力を出すことが出来ます。また涙袋をしっかり作る事も重要です。目の下をブラウン系のアイシャドウで囲んだら涙袋はホワイトやパールなどのカラーで透明感のある目元を作ってみて下さい。

 

5.ダブルラインでデカ目効果プラス

 

アイラインとは別に二重の線の上にペンシルなどで線を書くことによって二重が濃くなるので目が大きく見えます。アイラインのような感じですがあまり濃すぎても可愛くないのでサッと書いたら綿棒などで目元になじませて下さい。目を開けたときにブラウンのラインが少し見える程度が一番、デカ目効果が実感できますよ。

 

6.整形しなくても目頭切開メイク

 

目頭を切らなくても目頭のちょこんラインで目を大きく見せる事が出来ます。目頭に少しだけ小さいラインを引くだけで大人っぽいデカ目効果が期待できます。両目のバランスがとても大切なので少しずつ慎重に書いてみて下さい。あまりに長すぎると不自然で濃いメイクになってしまうので気を付けましょう。アイライナーは細いラインを書くのでリキッドなどのペンタイプがオススメ。細くて綺麗なラインを書ければ目頭ちょこんの完成です。

 

7.目の下にはラメを塗る

 

目は顔の中でもとても大事なパーツです。なので目は大きく強調したいですよね。そのためにメイクの仕上げとしても目の下にラメを塗ってみて下さい。まずラメはキラキラしてキレイですし目に塗る事でウルウル効果を出すことが出来ます。ラメに光が反射し目が大きく見える効果もありますし、何と言ってもラメを塗っているのといないのでは目元の華やかさが異なりますのでぜひ自分のワンポイントとしてラメを使用してみて下さいね。

 

8.カラコンもオススメ

 

目を大きく見せる為に絶対欠かせないのはカラコンですよね。最近ではハーフ目に見えるグラデーションカラコンや学校や仕事先でも着けられるように透明感があって目立たないけどデカ目効果抜群のカラコンなど色々な種類が出ていますよね。カラコンは着けるだけで本当に目が大きくなりますし、いつものメイクにプラスする事によってかなり大きな影響を与えてくれますよね。なので使用方法などしっかり守って目に負担のかからないように使ってみてほしいです。ちなみにやはりデカ目効果が期待できるカラコンは周りに黒いフチがあるものでした。フチなしは透明感があってカワイイのですがデカ目効果があまり期待できませんでした。

 

9.奥二重の人はラインを細く書こう

NS6012_otoomenosusume_TP_V

奥二重の人はアイラインを引くとどうしても目元が重くなってしまいます。そのため目が小さく見えてしまいがちなので奥二重の人は二重幅を気にせずアイラインをもっと細くしてみて下さい。細くする事によってスッキリ感が出て目元も黒っぽくならないので目が大きく見えます。その上からアイシャドウなどで目元をぼかす事によって今までの重いメイクよりも断然、可愛らしく女の子らしい大きな目にする事が出来ますのでまずはアイラインから変えてみましょう。

 

10.マスカラはロングタイプがオススメ

 

マスカラはボリュームタイプを使うと目元がとても黒っぽくなってしまいインパクトは出ますがデカ目効果と言われるとちょっと微妙なラインになってしまいます。なのでデカ目にしたい人はマスカラをロングタイプで重すぎないまつげを作る事がポイントです。ロングタイプならアイシャドウを塗った目元にサッと塗るだけでまつげが伸びで目ヂカラアップしますし、最近はやっているナチュラルメイクなども簡単に出来てしまいます。ロングタイプのマスカラは塗りすぎるとダマになりやすいのでそこに注意しながらキレイで大きな目を作ってみましょう。

 

11.アイシャドウはグラデーション

 

アイシャドウは単色で塗るよりグラデーションで塗る事により目元に立体感が生まれるのでデカ目に見せる事が出来ます。グラデーション初心者の人はブラウンやゴールドなどが失敗が少なく簡単に出来るでしょう。目のアイホールに一番明るいカラーを乗せて瞼の二重ラインに次に濃いカラー、最後にまぶたのギリギリに一番濃いカラーを乗せてチップや綿棒で軽くぼかしたらグラデーションの出来上がり。淡いカラーなども人気がありますがピンク系は目が腫れて見える事もあるので使う時は注意してください。

 

12.つけまつげを使う

 

「つけまつげ」を使う事もデカ目効果が期待できます。ですが少し前のように濃いつけまつげを重ねて使ったり、束感たっぷりのバサバサまつげを使うのではなく出来るだけ目になじむデザインのつけまつげを選ぶ事が大切です。つけまつげも長ければデカ目効果を手に入れられるわけではなく、どれだけ自分に似合うかが大切です。アイラインも細くその上にキレイに乗るようにつけまつげを装着すればナチュラルですがしっかりデカ目効果のあるメイクをする事が出来ます。またそこにカラコンをする事で間違いなく可愛くなれるでしょう。とにかくアイラインは太すぎず、細すぎずで良いバランスで引いてみて下さい。

 

13.下はアイラインを引かない

 

デカ目効果を出すには下のアイラインは引かない方が良いです。下ラインを引くことによって白目の範囲が小さく見えて結果、目が小さく見えてしまうのです。なので下ラインはやめてブラウンやゴールドのシャドウなど塗る事で自然な囲み目が出来ますので試してみて下さい。ブラウンなどで引くことによりブラックよりも柔らかみがあり、ふわっとした目元にする事が出来ます。ブラックで囲んでしまうと目も小さく見えますし、何だかキツイ印象を受けますよね。

 

14.まとめ

8f9d5fa6b6fc76dcc068aca679cd838f_s

アイメイクは顔の中でもとても重要ポイントなので色々工夫してデカ目にしていきたいですよね。最近では整形メイクと言って整形をしなくてもそれくらいの変化を得る事が出来るようになっています。メイクでどうにかなるのであればとても便利ですよね。

 

目元のグラデーションは慣れることによって簡単に出来るようになります。最初はグラデーション加減がわかりませんが慣れればカラーの強さなどもわかってきますので目をつぶった時に綺麗な目元を見せることが出来ますよね。やはり目元が綺麗であれば印象も良いですし、目が大きく見えることによって可愛く見えるのでデカ目メイクしっかりマスターしましょう!!

 

8svnz5uoklaekvb1480658993_1480659388

ランキング2