下まつげのマスカラ・エクステ・ビューラー!パンダ目にならないメイク方法

下まつげ マスカラ

下まつげをメイクしていない方必見です( ゚Д゚)せっかく下まつげがあるのにメイクしないのはもったいない( ;∀;)下まつげはやり方次第では超デカ目効果が期待できるんです♡是非、今日から下まつげもバッチリメイクしてみてください♪今回は下まつげのメイクについて紹介します♡

1.下まつげのメイクはどうしてる?

下まつげ マスカラ

みなさんは下まつげもしっかりメイクしていますか?上まつげはマスカラを塗ったり、つけまつげを付けたりとしっかりメイクする人が多くても下まつげは意外と何もしないという人が多いそうです。確かに下まつげは薄いし短いのでメイクをしてもそんなに影響力はなさそうですよね。してもしなくても変わらないと思ってしまいます。ですが下まつげをしっかりメイクする事によって断然、デカ目で目力の強い目になれるんです。

 

2.下まつげは小顔効果

 

上まつげをしっかりメイクする事によって目が上に大きくクリッとした仕上がりになります。ですがそこに下まつげをプラスする事でもっとデカ目効果が出るんです。下まつげにマスカラを塗る事で人が「目」と認識する範囲が広がるのでデカ目に見えるんだそうです。確かに下まつげは何もしないと下まつげの生え際までが「目」となりますがマスカラを塗ることによって下まつげの毛先までが「目」になるのです。そうする事によって遠くから見ても目が大きく見えます

 

3.目をより大きく見せる為には

下まつげ マスカラ

目を大きく魅せるためにはマスカラを適当に塗るだけではいけません。マスカラの塗り方にもポイントがあり、まつげの長さや量によって雰囲気や見え方が変わるので女性のメイクにマスカラはかなり重要になるんです♡

 

3-1.一番目が大きく見えるのは?

例えば目尻が長めならタレ目効果があったり、目の真ん中が長めならクリッと可愛らしい目になれたりとマスカラの塗り方次第で雰囲気の違う目元が作れます。ですが一番、デカ目効果の高い塗り方としては中心部を濃く長く塗る事です。上まつげはいつも通りしっかり塗って下まつげは中心部が長くなるように塗る事で黒目が協調され、デカ目効果が発揮されるのです♡

 

3-2.さらにデカ目に見せたい時のプチテクニック

もっと目を大きく魅せたい場合は目の中心部、黒目の下の粘膜にアイラインを少し引くと更にデカ目効果が出ます。あまりにも濃く引いてしまうと逆効果なので足りないかな?くらい控えめに効く事がポイントです。いつものメイクにワンポイントプラスする事で今よりもデカ目効果をグッと上げる事が出来るのでとてもオススメです♡

 

4.下まつげにビューラー

下まつげ マスカラ

マスカラを塗るときはまずビューラーをしてまつげを上げますが下まつげって難しいですよね。ですがやはり下まつげにもビューラーをする事によってメイクの仕上がりが数倍良くなります。ビューラーを下向きにした状態で下まつげを挟み、根本がカールするくらい軽くするのがポイントです。あまり強くやりすぎてしまうと不自然になってしまいますし、まつげにも負担がかかるので注意して下さい。普通のビューラーでは難しいという人はホットビューラーや部分ビューラーを使うともっと簡単に下まつげにカールを付ける事が出来ます。まつげに負担をかけない程度にしましょう。

 

5.下まつげのマスカラ

 

私は上まつげと下まつげのマスカラを使い分けています。上まつげはお湯でサッと落とせるフィルムタイプで下まつげは水や皮脂に強いウォータープルーフです。下まつげは瞬きをする時に目の下に付きやすく、時間が経ってメイクがヨレ始めるとパンダ目になってしまう事が多かったのですが下まつげのマスカラだけウォータープルーフに変えることによってパンダ目の悩みも改善されました。パンダ目になってしまうとメイク直しがとても大変ですよね。なのでマスカラのパンダ目で悩んでいる方は下まつげのマスカラだけ油分に強いものに変更してみて下さい。それだけでメイク持ちがかなり変わってきます。

 

6.マスカラの上手な塗り方

下まつげ マスカラ

マスカラは慣れるまでとっても難しいですよね。まつげに塗っているうちに顔のあちこちについてしまっている事ありませんか?私もメイク歴は長いのですがたまに下まつげにマスカラを塗っていると涙袋についてしまう事が多々あります( ;∀;)今回はマスカラを上手に塗るための方法も書いておきます♡

 

6-1.マスカラの量を調節する

マスカラを塗る前にブラシについたダマや液体をティッシュで軽くオフします。これだけでマスカラの仕上がりが変わってきます。マスカラが大量についたままの状態でまつげに付けてしまうとダマになりやすく、液体もたくさん付いてしまうのでカールが取れてしまったりとせっかくのアイメイクも台無しです。

 

6-2.塗る部分によってブラシの角度を使い分ける

まつげ全体的に塗る場合はブラシの側面を使って丁寧に塗る事でしっかり伸びますし良いのですが問題は目頭や目尻。目頭や目尻って塗れなかったり、肌にマスカラがついてしまったりしますよね。それはマスカラの側面で細かい所を塗ろうとするためになってしまうのです。なので目頭や目尻を塗る時はマスカラのブラシを縦にして塗るとうまくいきます。この時にしっかりマスカラの量が調節出来ていないと目頭や目尻に液体がたくさんついてしまいますので縦塗りする前にもしっかりティッシュでマスカラの量を抑えて下さい。

 

6-3.瞼を持ち上げて根元から塗る

マスカラを塗るときは片手で塗るのではなく、空いている方の手でまぶたを少し持ち上げる事でまつげの根本からマスカラがしっかり塗れる為、効果的です。見えている部分だけ塗ってもカールが続かなかったりデカ目効果が低くなってしまうので上まつげも下まつげも少しだけ皮膚を引っ張ってまつげの根本から塗るようにする事が大切です。

 

6-4.塗る時はゆっくり丁寧に♡

マスカラを重ね塗りをする人が多いので何度も素早くブラシを往復させる事があるのですがマスカラはゆっくり丁寧に塗った方が仕上がりがとてもキレイです。朝など時間がなくてマスカラを早く塗りたい気持ちもありますがそこをしっかり丁寧に塗る事でまつげはキレイになります。ゆっくり毛先まで塗る事でマスカラのノリが良くまつげがより長くなります。ダマにもなりにくいのでナチュラルなメイクをする人などは特に気を付けてみましょう。

 

6-5.ダマになってしまった場合

マスカラを塗っていてダマになってしまった場合は歯間ブラシや眉毛をカットするときにつかう小さいクシで取る事が出来ます。歯間ブラシはブラシが細かく狭いところも入れるのでダマになったマスカラを取るのにとても適しています。ダマになってしまった所だけをブラシで優しくとかすとキレイに取る事が出来ますよ。

 

6-6.マスカラが肌についた!!

気を付けていてもマスカラが目の横や肌についてしまう時ってありますよね。その時はついてしまったらすぐ取るのではなく、まず乾かしてください。普通ならついてしまったと思ったときにティッシュなどで取ろうとしますが乾いていない状態で取ろうとすると黒く残ってしまいませんか?ですが乾かしてから綿棒で少しこするとポロっととれますので試してみて下さい。

 

7.下つけまつげ

 

つけまつげは慣れるまで付けるのが難しいですよね。上つけまはアイラインにそって付けますがズレてしまったり、うまくつかなかったりと、とても時間がかかります。ですが下つけまはあまり目の凹凸がないので上つけまに比べると付けやすいです。ですが付け方によっては不自然になってしまいます。上つけまはまつげの生え際に付ける人がほとんどだと思いますが下つけまはまつげの生え際から少しずらしたりと人それぞれ付ける位置が違いますよね。あまりにも外れた方につけてしまうと違和感がありますが自分の目やメイクにあった付け方をする事でデカ目効果が期待できます。

 

8.種類も豊富なつけまつげ

下まつげ マスカラ

つけまつげは高いものから安いものまで色々な種類があります。ですが高ければ良いものじゃないそうで最近では100均で売れられている「つけまつげ」がすごく人気があるそうです。芯の柔らかさや毛束感など自分の好みのものを見つけてリピートする方が多いそうです。

 

9.つけまつげをカスタムして使う

 

つけまつげは元は全部、1つのつけまとして繋がっていますが付けるときには自分の目の形や大きさに合わせてカットする事が出来ます。上つけまもそうですが特に下つけまは細かくカットして本物の自まつげに近い仕上がりに出来たり、目尻だけにつけたい人はすごく小さくカットしたりと自由自在です。なのでメイクや気分で変える事が出来て楽しいですよね。

 

10.下まつげのエクステ

下まつげ マスカラ

最近では下まつげにもエクステを付ける人が増えているそうです。上まつげはマツエクを付けている人も多いですが下まつげもつけられるとは思いませんでした。ですが下まつげにもエクステを付ける事でマスカラを塗らなくて済みますし、とても楽なんだそうです。マスカラを塗らなければパンダ目にもならないですしナチュラルで自然なデカ目が作れるそうです。

 

10-1.下マツエクを付ける時はコンタクトを

下マツエクは付けるときに専用グル―(接着剤)の蒸発が目に伝わりやすく目にしみるという人がとても多いです。それは我慢するしかないと事なのですがアイリストさんはカラコンやコンタクトレンズをしている人は痛がらないと言っていました。カラコンが関係あるのかはわかりませんが下マツエクを付ける際はコンタクトを付けて行った方が目にしみないかもしれません。

 

11.下まつげを伸ばしたい

 

マスカラを塗るのに下まつげが短くて少ないと塗ってもあまり変わらないと思ってしまいますよね。そのため下まつげを伸ばしたいけど伸ばし方がわからないという人はまずまつげ美容液を使ってみましょう。まつげ美容液は上まつげだけでなく下まつげにも使えます。下まつげに塗ることによってしっかりとした太い毛が生えるようになりました。下まつげは上まつげよりも美容液の効果が出るのが早い気がします。なのですぐにまつげ美容液の効果を実感できますしメイクが映えるようになるのでオススメです。

 

12.まとめ

下まつげ マスカラ

下まつげも少し手を加えるだけで大きな役割をしてくれます。下まつげのメイク方法も色々ありますがどれもまつげには負担をかけてしまいます。マスカラを落とすときには専用のリムーバーを使ったり、ビューラーは必要以上にしないなどまつげへのダメージも軽減しないとまつげはどんどん減ってしまいますので注意して下さい。
まつげのダメージを感じる前にまつげ美容液でケアをする事でマスカラやマツエクの持ちなどが変わってきますので普段からメイクをしっかりする人はまつげ美容液を使った方が良さそうです。また「つけまつげ」は皮膚に貼っていますのでまぶたに負担がかかっています。瞼に負担がかかるとまつげにも影響してきますのでつけまの付けすぎにも注意が必要ですね。自まつげをケアしながらメイクをしていくことが美まつげへの近道なので今すぐまつ育を始めてみましょう。

 

8svnz5uoklaekvb1480658993_1480659388

ランキング2