話題のマツエクセルフキット!サロンでするより安い?自宅で簡単まつげエクステ

マツエクセルフ キット

マツエクのセルフキットって知っていますか?最近ではマツエクをサロンではなく自宅で自分で付ける人が増えているんだそうです。自分でなくてもお友達同士などで付けあう事もできるとし、マツエクのセルフキットが人気なんだそうです( ゚Д゚)

1.自宅で出来るセルフまつげエクステ

マツエクセルフ キット

自宅でまつげパーマができるキットがとても流行りましたが、最近は自宅でエクステができるキットも発売されていて人気があります。サロンでしてもらうと費用がかかるし、自分でもきれいにできるのであれば挑戦したいと思う人も多いでしょう。自宅でマツエクが出来てしまえばちょっと手の空いた時間などに施術できるのでとても便利ですよね。なので今回はセルフまつげエクステを紹介します。

 

2.セルフで出来るまつげエクステの専用キットとは?

 

最近ではまつげパーマのセルフキットだけでなく、セルフまつげエクステをお試し価格でできる専用のキットが発売されています。専用キットなのでマツエクに必要な接着剤や人工のまつげなどが全てセットになっており、簡単にマツエクが付けられる説明書なども入っているので初心者でも簡単に施術する事が出来ます。また専用のキットは一度買うと何度か使う事が出来るのでお友達と半分ずつで使ったりも出来て楽しそうですね。

 

3.マツエクセルフキットの内容は?

マツエクセルフ キット

セルフキットの中身は商品によって異なります。お値段や付属商品は売っているサイトなどによって異なりますので使いやすいものを選びましょう♡セルフキットを買うとついてくる基本のセットを紹介しますね(^^)/

施術マニュアル
・エクステ専用のグルー(接着剤)
・ラッシュ(人工まつげ)
・エクステを外すリムーバー

こちらが基本的にセットでついてくるのではないかな?と思います。商品によってはもっと豪華なセットもあるようですが一応、この基本セットさえあればマツエクは付けられますよね♪グルーは商品にとって持ちなどが関係してきますので口コミの良いものを選ぶのが無難かもしれません(´・ω・`)

 

3-1.100均で揃えると安い!

実際に施術する場合には、下まつげに貼る保護テープやエクステを付けていく際に必要なピンセット、リムーバーを使うときに必要な綿棒、そしてまつげを整えるコームなども必要になってきます。保護テープは薬局で、それ以外は100円ショップでも購入できますし、もともと持っている人がほとんどではないかと思います。まつげを整えるコームは眉毛を整える小さなクシや歯間ブラシでも代用できます。元々、ピンセットなども全てセットになっているキットもありますので自分の好みで選ぶのが良いかと思います。

 

4.マツエクを自分で付けるのは難しい?

 

マツエクを一度でも付けたことがある人ならわかると思いますがマツエクは自まつげ1本1本に人工のまつげを専用のグル―(接着剤)で付けていくのですがとても集中力が必要になりますよね。それに施術されている間は目をつぶっているので実際どんな風にマツエクを付けているのか自分ではわかりませんよね。ですがセットに含まれているマニュアルは初心者でもわかりやすくできるように書いてありますし、動画サイトで検索するとセルフエクステを上手に付ける方法を詳しく説明してくれている動画もあるので、そういったものも参考にするのもオススメです。最初はやはり難しいですが慣れると綺麗できるようになります。

 

4-1.友達と付け合うのもおすすめ

もちろんセルフキットは自分で使う事も出来ますがマツエクは目をつぶっている方が綺麗につけられるのでお友達と付けあうのも良いかと思います。サロンよりも安く出来たら良いですよね(^^)

 

5.マツエクをセルフでする際の注意点

 

セルフまつげエクステをする際に注意することは、リムーバーが目に入ったりしないようにすること、敏感肌の人はパッチテストをしてから施術すること、目に異常がある場合は行わないこと、途中で異常を感じたらすぐにやめることなどです。アレルギー体質の人は特に注意してください。これはセルフまつげエクステに限らず、サロンでする場合もやはり注意してもらいたい点です。目元は特別、皮膚が薄いので少しの刺激で荒れてしまったりと敏感です。なので接着剤などがまぶたについてしまって赤くなったり、腫れてしまう人も少なくありません。またその日の体調にも左右されます。疲れているときなどは肌も敏感になりますので普段、大丈夫なのに急に肌荒れしてしまう事も考えられますので心配な方は事前にチェックしてから行ってください。

 

5-1.目元を清潔にしてから

マツエクは汚れや油分にすごく弱いです。なのでセルフでマツエクを付ける時はしっかり洗顔をしてメイクや顔の皮脂を落としてからつけるようにしましょう。汚れがついているのにグルーを付けてマツエクを付けるとトラブルの原因や持ちが悪くなってしまう可能性がありますので接着前はしっかり顔を洗いましょう♡

 

6.まつげエクステはサロンとセルフどっちが良いの?

マツエクセルフ キット

定価価格でできるセルフまつげエクステですが、やはりサロンとの仕上がりで比較してみると器用な人はきれいにできるかもしれませんが、不器用さんや初めての場合は納得できる形に仕上がらない可能性もあります。これは回数を積めば徐々にきれいにできるようになってくるものなので、それまでは頑張るしかないでしょう。コツをつかめば割と早く上達します。細かい作業になるので、集中して時間のあるときに行うことをおすすめします。

 

6-2.セルフの方が時間短縮になる

まつげエクステを自分でできるとサロンに行く時間や費用はだいぶ節約できます。エクステの持ちに関しては、使用するキットによって相性などもありますし多少異なりますがサロンで使われているものと同じレベルの薬剤を使ってきちんと付けることができていれば1ヶ月前後持つと言われています。

 

7.サロンとセルフ安いのは?

 

サロンでエクステをする際は専門のアイリストさんが施術を行ってくれますのでアイリストさんなどの経験にもよりますが仕上がりはとても綺麗です。セルフでエクステを付けた場合は自分でやりますのでやはり慣れるまでは納得の仕上がりに出来ないこともあります。ですが値段が安いのならセルフで良い!という方も少なくないようです。

 

7-1.お得感だけで言ったらセルフ

サロンではメニューなどがありサロンによってもお値段が変わってくるのでハッキリとした数字は言えませんが付け放題などで6000~8000円くらいが平均だと言われています。それに比べてセルフであればサロン1回のお値段でだいたい10回は施術する事が可能になります。なのでコスパの面だけで言うなら断然セルフの方がお得でしょう。サロンによってはもっと安いところもありますので絶対セルフの方が!という事はありませんが節約重視なのであればセルフが一番、安いと言えます。また1つのセットの中で材料さえあれば何度でも使う事が出来るのでお友達と分けたりなど色々な使い方が出来るでしょう。

 

8.セルフマツエクのデメリット

 

セルフマツエクは慣れがとても重要です。誰でも最初からサロンでやってもらうようにうまく出来るとは限りません。セルフなので片目をつぶった状態になるので距離感などもとても難しいです。私が聞いたセルフマツエクの失敗談はマツエク1本1本にグル―(接着剤)を付けすぎていたせいでセルフマツエクが終わり、目を開けてみるとまつげが全部くっついて一つのかたまりのようになってしまい、とれなくなっていたという事を聞いた事があります。マツエクのグル―はとても強力です。専用のリムーバーを付けない限り簡単に外す事はほとんどできません。なので安くマツエクが出来て良いですが慣れるまでは気を付ける事がたくさんありそうです。

 

9.セルフマツエクのメリット

 

やっぱりセルフの良いところって自宅で出来る!安い!自分の好きなデザインが出来る!という所ですよね。自宅はやはり落ち着きますし、開いた時間にパッと自分で出来ちゃうところがとても良いですよね。サロンに行くとアイリストさんによってはひたすら話しかけてくる人などもいますので目をつぶってるときくらいゆっくりリラックスしたいですよね。

 

9-1.コスパがいい♡

またセルフキットはお値段も安いので1セット購入して材料が余れば次も使う事が出来ますしコストパフォーマンスの面ではとてもメリットがあります。それにデザインも自分で確認しながら付けていけます。サロンだと自分の希望を伝えて出来上がったら鏡を見せてもらうのですが仕上がりが自分が求めていたものと違う事だってありえます。その点を考えるとセルフであれば、なんか違うな!って思ったときにやり直しもききますし良いですよね。

 

10.サロンでマツエクをするメリット

マツエクセルフ キット

もちろんセルフと同じようにサロンに行く事にもメリットがあります。サロンはやはり仕上がりは綺麗!デザインは自分の好みがありますが仕上がりとしてはアイリストさんの経験にもよりますがお金を払ってやってもらうだけあるなという感じはすると思います。

 

10-1.リラックス効果抜群

また施術中はまつげをちょこちょこと触られているような感覚があります。自分は目をつぶっているので実際どんな風に触られているかはわかりませんが目元を触られるのはリラックス効果が期待できるそうです。確かにマツエクをサロンでしてもらっている時、いつの間にか寝てしまっています。目元を触られているけど嫌な感じはしないです。なのでマツエクを付けてもらうという事は同時に身体がリラックスをしてストレスを軽減しているそうなのです。

 

11.まとめ

 

サロンもセルフもどちらもメリット・デメリットがあります。やはりサロンに行く時間がない方や安く済ませたい方などにはセルフが人気ですし、高くても良いから仕上がりを綺麗にしたいという人はサロンまで行ったりと色々です。どちらが良いかというのは人それぞれ好みがありますので興味がある方は是非、セルフのマツエクもやってみてくださいね。

しかしサロンに行ってもセルフでやってもマツエクは自まつげがとても傷みます。なので日頃のケアは欠かせません。マツエクをしているのにまつげのケアをせずにそのままにしているとマツエクの負担に耐え切れず、自まつげは抜けて行ってしまいます。抜けて行ってしまうとまたマツエクを付けたいと思っても自まつげがないので人工のまつげを付ける事が出来ないという事にもなってしまいますのでマツエクをしていてもまつげ美容液などで自まつげをしっかり保護してあげましょう。やはりハリ・コシのある自まつげの方がマツエクの持ちも良く、しっかり上にカールしますので仕上がりも綺麗です。

 

8svnz5uoklaekvb1480658993_1480659388

ランキング2