目元の色々なシワを消す方法☆高保湿なワセリンとセラミドが効果的

目元 ワセリン

1.目尻の小じわ

目元 ワセリン

顔の中でも気になるのが目尻と目の下のちりめんジワですよね。その他にもほうれい線が気になるという方もとても多いようです。やはり肌の中でも動かすことの多い場所はシワになりやすいようです。笑ったときに出来る目元のシワや喋るとき、食事をするときなどに動かす口元など、動かす事が多ければ多いほどシワにもなりやすいです。特に乾燥の進む冬はファンデを塗ってもシワの所からファンデが割れてしまったりと隠しているつもりが余計に目立ってしまう事ってありますよね。しかし目元のシワを簡単に目立たなくする方法があるんです。

 

2.乾燥から出来るシワ

 

乾燥して出来るシワにはある特徴があります。それはお風呂上りなどで肌に水分がある時は消えているという事です。なのでお風呂上りに鏡を見て消えているシワの原因は乾燥です。乾燥する事によって肌が割れてしまうのです。お風呂から出るとみずみずしいお肌なのに朝になると出てしまうシワなら保湿を徹底する事で簡単に消す事が出来ますよ。

 

3.笑った時に出来るシワ

 

笑ったり、顔をゆがめたりと表情を変えたときに出来るシワは跡がとても残りやすくどうしてもクセになってしまいます。その原因としては乾燥して肌に弾力がない事なのです。よく笑う人は顔の皮膚が収縮しやすくなっている為、元に戻りにくいのです。なのでこのシワを放っておくと深いシワへと変化していってしまうので注意して下さい。

 

4.色々なシワの種類

f97f8479d63ba566bfe1730d627e019d_s

シワも出来る場所や大きさなどによって種類が違ってきます。改善方法なども異なってきますので自分の悩んでいるポイントをしっかり把握して治していきましょう♡

 

4-1.眉間のシワ

眉間のシワは眉を寄せる癖がある人に出来てしまいます。考え事をしたときなどについつい出てしまう眉間のシワですがこのシワは老け顔に見えてしまう女性にとってはとても嫌なタイプのシワです。眉の間は比較的、皮膚が固いので一度ついてしまうと深く跡になってしまいますので早めに改善する必要があります。

 

4-2.上まぶたのシワ

上まぶたのシワの原因はほとんどが加齢です。加齢によってまぶたが痩せ、ハリを失うので出来てしまうシワが多いです。しかし加齢によるシワも毎日ケアすることで進行を遅らせる事は十分に出来る為、ケアすることがとても大切になります。

 

4-3.目尻のシワ

目尻のシワはよく笑う人に多いです。笑うと目が細くなり目尻がくしゃっとなってしまうので目尻にシワが出来てしまいます。このシワを出ないようにするのは難しいので保湿をたくさんして笑ったあとでもシワが残らないようにする事が大切です。シワを残さない為には絶対に保湿が必要不可欠です。乾燥している肌はシワがつきやすく悪化すると深いシワへと変化して消す事がとても難しくなりますので気になったらすぐケアを始めましょう。

 

4-4.ちりめんじわ

目の下によく出来る細かくて小さいシワです。目の下は非常に皮膚が薄いため細かいシワがとても出来やすいです。乾燥している時は特に出来やすくなっていて化粧をしてから数時間後には目の下に細かい線が入ってしまっています。また目の下は皮膚が薄く乾燥しやすい為、こまめに保湿をしてあげないと消す事は難しいです。

 

5.シワを消したいならマッサージはしない

 

シワを消す為にやってしまいがちなフェイスマッサージ。フェイスマッサージ自体は良いのですが問題はその力加減。エステなどでしてもらうようにオイルをつけて滑らせる程度なら問題ないのですが自宅で自分でやるとなると変わってきますよね。自分でやってしまうと感覚が難しいのでついつい強くやりすぎてしまいます。強くマッサージしすぎると逆にシワの原因になります。マッサージで新たなシワを作ってしまわぬようにシワを本当に消したいならとにかく保湿を徹底するようにしましょう。

 

6.石鹸での洗顔

目元 ワセリン

洗顔は基本的に毎日すると思いますがその時に気を付けてほしいのが洗顔料。最近では美容液配合の洗顔料など肌の事を考えて作られた物も発売されています。ですが洗顔に石鹸を使っている方!要注意です。石鹸には保湿成分が含まれないものが多いので成分を確認して買わないと乾燥を促してしまう原因となります。石鹸は界面活性剤が含まれていない為、肌に優しいのですが保湿されるものが入っていないことによってシワには悪影響を及ぼしてしまうものもありますので成分を見てしっかり選びたいですね。ですが保湿成分がしっかり入っているものであれば肌に優しくクレンジングオイルなどを使うよりもずっと肌に負担はかかりません。

 

7.セラミドが人気な理由

 

セラミドとは保湿成分のひとつでコラーゲンやヒアルロン酸よりも高い保湿力を持っています。そのため保湿用品としてとても人気があります。セラミドは肌に塗ってから最長24時間も保湿効果を継続する事が出来るので美容液や化粧水に含まれる事がとても多いです。またセラミドは元々、肌の角質層に含まれる成分なので肌が弱かったり、敏感肌な人でも安心してつける事が出来るのでオススメです。

 

8.目元のシワにワセリンが効果的

 

ワセリンとは原油を高純度に精製して作られた肌の乾燥を守る保湿用品です。肌に塗る事で油の膜を作って水分の蒸発を防いでくれる優れものです。天然由来なので赤ちゃんにも使う事が出来る肌に優しい保湿剤です。ワセリンの保湿力はとても高く肌への刺激も少ないので唇に使ったり、体に使ったりと色々な部位に使用する事が出来ます。

目元の皮膚は薄く乾燥が進みやすいのですがワセリンを目元に少し塗るだけで何時間も保湿が出来ます。メイク前に目元にワセリンを塗るとファンデーションが粉浮きせず一日よれませんし、寝る前に塗れば翌朝、プルプルとした目元を手に入れる事が出来ます。

 

9.ワセリンの種類

 

ワセリンにも種類があります。黄色(おうしょく)ワセリン白色(はくしょく)ワセリンです。黄色ワセリンは比較的どこでも手に入り、価格が安い事が魅力の一つです。白色ワセリンは不純物を取り除いているので見た目も白色で医薬品として扱われているので赤ちゃんや敏感肌な人が使うならこちらの白色ワセリンの方が刺激が少なくて良いでしょう。目元は皮膚が薄くデリケートなので出来れば白色ワセリンで保湿してあげる方が良いかもしれません。肌に問題がない場合は黄色ワセリンを目元に塗っても特に何の問題もありません。

 

10.まとめ

目元 ワセリン

目尻のシワ、ちりめんジワ、眉間のシワなど目元だけでも色々なシワが出来ますよね。そのほとんどの原因が乾燥で乾燥が悪化することによってさらに深いシワへと変わって消すことが難しくなってしまいます。なのでシワは小さな細かいうちに保湿して消す事がとても大切です。

高保湿のアイテムを使う事で1日中、水分をキープすることも出来ますし最近では持ち運び用のミスト化粧水などもあるのでこまめに肌の保湿をしてみてください。他にも肌の保湿と深い関係にあるのが飲み物です。飲み物と言うより飲む量なのですが1日水を3リッター飲むようにしてみたら乾燥肌が改善したという話を聞いた事があります。やはり体の内側からケアすることも重要なんですね。バランスの良い食生活と睡眠をとる事で肌の乾燥へも影響してくると言えます。

最近では保湿効果のあるプラセンタサプリなど色々なサプリも売られていますので内面から肌に良い成分を取り入れることもオススメです。

 

8svnz5uoklaekvb1480658993_1480659388

ランキング2