目元に出来るそばかすの原因と消す方法!茶色の斑点を化粧で隠すコツ

そばかす 消す方法

1.そばかすとは?

 

そばかすとは雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれ、目の周りや頬に出来る小さい茶色の斑点のことで子供のときによく見られます。茶色の斑点がポツポツと目の下に出来たりしますがシミとは逆に加齢とともに薄くなる事もあります。また春から夏にかけての暖かい時期に色が濃くなるとも言われています。目の下に出来る事が多いですが背中や肩などにも出ます。

 

2.そばかすが出来る原因

そばかす 消す方法

そばかすには種類があります。先天的なものと後天的なものです。それと遺伝も関係してくるので生まれつきそばかすがある場合もありますし、思春期に目立つようになったり、大人になってから出てしまう事もあります。子供の頃に出ていたそばかすは年齢を重ねるごとに薄くなる傾向がありますが、大人になってから出来たそばかすは消えることは少ないです。家計的にそばかすが多いとそれも遺伝します。その他にも紫外線の刺激や間違ったスキンケア方法によって出来てしまう場合もあります。

 

3.そばかすとシミの違いは?

 

そばかすもシミも同じように茶色なので違いがわからないという方がとても多いです。シミもそばかすも作っているのはメラニンですがシミは紫外線や外部からの刺激などによって出来る後天的なものです。ニキビ跡が炎症してそのままシミになってしまう事もあります。一方、そばかすは遺伝する事が多く大人になるにつれて色が薄くなって消えていく場合がほとんどです。サイズもシミより小さく茶色のポツポツがそばかすです。ですがどちらにしても作っているのはメラニンなのでスキンケアの方法はほとんど同じです。

 

4.UVケアがとても重要

そばかす 消す方法

そばかすは肌に紫外線が当たり刺激を受ける事で肌を守ろうとメラニンが増加し出来てしまいます。シミの原因とも同じで外部からの刺激に弱い為ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅れることによって増加したメラニンがうまく排出できずに出来てしまいます。なので日差しの強い日などはしっかりUVケアをして出かけるなど普段から紫外線を浴びない事が一番の近道ですが万が一、紫外線を浴びてしまったときはその日のうちに美白化粧品などを使用し、そばかすの原因を解消する事が大切です。

 

5.間違ったスキンケアでも出来てしまう

 

普段からしているスキンケア。スキンケアとは肌にとても良い事のはずですがスキンケアの方法が間違っていたり自分に合っていないとそばかすの原因にもなってしまいます。また目元の皮膚はティッシュ一枚よりも薄く刺激を受けやすいので特に注意が必要です。洗顔などをしていてもゴシゴシこすってしまうことによって肌に負担がかかり、メラニンの増加を促し、そばかすになってしまう場合もあります。なのでどんなに良い化粧品を使ってもスキンケア方法が間違っていては何の意味もありません。

 

6.ビタミン不足が原因

 

人の体はビタミンが不足することによってメラニン色素が出来やすくなっています。なのでビタミン不足になることによってそばかすも出来やすいという事です。数あるビタミンの中でも特にビタミンCが重要でビタミンCはメラニンの生成を抑制する働きがあるので外部からの刺激を受けた時でもビタミンCがたくさんあればメラニンの増加を抑えてくれるのでそばかすにとても効果があります。ビタミンCはレモンなどに多く含まれているのでバランスの良い食生活を意識してみて下さい。

 

7.肌に刺激を与えない

そばかす 消す方法

肌は刺激を受ける事でメラニンが増加する事もあります。なので紫外線などもそうですが刺激を与えてしまう事によってメラニンが増加し、そばかすの原因にもなります。例えば手でこすってしまったり、ファンデーションを強く塗ってしまったりすることでメラニン増加の危険があります。フェイスマッサージするときも力を入れすぎてしまうと肌への負担になってしまうので注意して下さい。優しく肌に負担がかからない程度にする事が一番良いと言えます。

 

8.大人になってから出来たそばかす

 

そばかすは子供の頃に出てきて思春期に目立つようになりその後は薄くなって消えていく事がほとんどなのですが上記のような大人になって肌トラブルから出来たそばかすは基本的に消す事は出来ません。そばかすは遺伝的なものが多いですが肌トラブルからも作られてしまうので本当に予防が重要になってきます。紫外線を大量にあびたのに何もせずにいると肌の奥にはすごく多いそばかすやシミの予備軍が出来てしまいます。目に見えないものですが時間がたっていつかは肌に現れてしまうものなので紫外線を浴びすぎたなと思う日はしっかりそばかすの元へのアプローチが必要となります。

 

9.メイクでそばかすを消す方法

そばかす 消す方法

出来てしまったそばかすは薄くする事は出来ても消す事はとても難しいです。医療用のレーザーを使用しても100%消えるという保障はないそうで残ってしまうそばかすもあります。であればメイクで綺麗に隠す事が出来れば女性にとってもそばかすの不安は解消できます。そばかすを上手に消すにはベースメイクがとても重要です。目の下は皮膚が薄いのであまり濃くしてしまうと肌に負担がかかってしまいますが自分に合ったベースメイクを見つけられると良いです。

 

①コントロールカラーで肌全体のトーンを上げること
②そばかすの部分はコンシーラーで覆う
③そばかすの部分にファンデーションを叩いてのせる

 

②のコンシーラーは目の下や目の周りの場合は固形タイプの固いものはやめてリキッドなどの液体に近いものを利用する事がオススメです。固形タイプは目元などの皮脂が少ない部分に塗ってしまうと乾燥でパサパサと粉っぽくなってしまいますし、固形なのでこすることによって目元への負担になります。なので液体のカバー力が強いコンシーラーを使うことによってサッとなじんでそばかすも透明感のある肌へ魅せることが出来ます。

 

10.まとめ

そばかす 消す方法

シミとそばかすは違いますが原因は同じです。なのでシミ対策をするときと同じようなケアをしてあげる事で十分に防ぐ事が出来ます。シミもそばかすも消す事はとても難しいですが薄くしたり隠すことは出来ますので諦めずにスキンケアをしていきましょう。

そばかすは目の下にポツポツと茶色い斑点が出来ます。大人になってからもそんなにたくさんのそばかすがあったらとても嫌ですよね。なのでUVケアは毎日でもしてください。夏の日差しが強い時期だけではダメなのです。紫外線は曇りの日でも60%はあると言われています。なのでくもっていても雨が降っていてもケアをせずに紫外線に長時間当たることで予備軍は肌の奥にどんどん出来てしまいます。

メイクをする際に透明感のある綺麗な肌を作りたいのにそばかすがあってはとても邪魔ですよね。ですがコンシーラーやコントロールカラーなどアイテムをうまく使う事で薄付きでも綺麗な肌を作る事が出来ます。それに必要なのは保湿です。透明感のある肌が欲しいなら保湿を十分にして肌が乾燥しないようにする事でそばかすのケアにもなりますし、メイクもしっかり映えます。プルプルとした肌は透明感を感じさせてくれますし、とても好印象です。

 

8svnz5uoklaekvb1480658993_1480659388

ランキング2