目元が乾燥する原因とクマを絶対隠すコンシーラーの選び方

目元 乾燥

目元が乾燥する事によって出来るシワやクマ。それを隠そうとしてコンシーラーを塗ると粉浮きしたり、乾燥してしまって余計、目立ってしまいますよね(´∩`。)女性にとって目元はとても大切で目元のシワひとつで印象が変わります。なので今回は目元にも使いやすいコンシーラーの選び方について書きますヾ(・д・。)

1.乾燥が進むとひび割れる肌

目元 乾燥

女性の悩みでとても多いのが肌の乾燥。乾燥していることによってメイクのノリが悪くなってしまう事ってありますよね。しっかり保湿したはずなのにファンデーションを塗ったら粉っぽくなってしまったり、夕方には肌がパリパリしていたりと季節なども関係しますが乾燥の悩みはいつになっても改善されないです。元々、乾燥肌の人もいますが脂性肌の人も冬は乾燥が気になったりしますし、乾燥肌の人は夏でも乾燥が気になったりと人それぞれ症状も変わってきます。

 

1-1.特に目立つのは目元

そして特に乾燥が目立つのは目元。アイシャドウを塗って見るとアイシャドウだけが浮いてしまって不自然だったり、アイラインが綺麗に引けなかったりと目元の乾燥からくる悩みもすごく多いのです。お風呂上りに肌が引っ張られているような、突っ張っているような感覚がするときは肌がすごく乾燥しています。お風呂で肌が潤ってもその後の保湿ケアがしっかり出来ていなければ肌の水分は蒸発してしまって何の意味もないのです。肌が乾燥すると小ジワ・たるみ・色素沈着・シミなどの原因にもなるのでしっかりとした保湿ケアで肌を守りましょう。

 

2.目元の乾燥について

 

目元は特に乾燥しやすいです。目元は顔の中でも皮膚が薄いく油分を分泌する腺も少ないため目の周りは他の肌と比べてとても乾燥しやすくデリケートなのです。なので保湿をしたつもりでも目の下だけアイシャドウが粉っぽくなってしまったり、瞼がカサカサになってしまったりするのです。肌は自分で必要な油分を出して水分の蒸発を抑え潤いを保つ事が出来るのですが目元はその油分が少ないために水分を保つことが出来ずにカサカサと乾燥してしまうのです。

 

2-1.目元を保湿して若々しく

目元の乾燥も正しい保湿ケアをする事によって改善されいます。また目元の乾燥はたるみやシミなど色々な老化の原因にもなりますので早めのケアが必要になってきます。目元が潤いを取り戻すことでみずみずしく綺麗な目元になれます。そうすることによって顔全体の印象が変わるのでまずは目元をしっかり保湿してみましょう。

 

3.肌の種類について

目元 乾燥

人それぞれ肌の種類も変わってきます。大きく分けて【普通肌】【脂性肌】【混合肌】【乾燥肌】の4タイプです。この肌のタイプによっても保湿ケア方法が異なるので自分の肌がどれなのか確認しておきましょう。

 

3-1.普通肌

普通肌は4つある肌質の中で一番ニキビが出来にくく肌トラブルが少ないです。普通肌は乾燥もせず、皮脂も過剰に出てない肌のバランスがしっかり取れている理想のお肌なんです。水分量や皮脂量が一定で肌を守っているのでトラブルが起きにくいのです。なので普通肌の人は肌のキメも細かくハリやツヤもあってすごく綺麗な肌なのです。またターンオーバーの乱れがない事もとても重要なポイントです。ターンオーバーが定期的にしっかり行われる事で綺麗な肌を保つことが出来るのです。普通肌の人は目元の乾燥もあまり気にはならないと思います。 目元も水分と皮脂のバランスがとれているので予防をするというよりは今の状態を保つ事が大切です。

 

3-2.脂性肌

脂性肌はこの4タイプの中では一番肌トラブルが多いです。ニキビが出来る事も多いです。肌は必要な皮脂を分泌して外部からの刺激から肌を守っているのですが脂性肌の人はこの皮脂が過剰に分泌してしまう肌の事です。過剰に分泌する事によって肌がテカテカして油っぽかったりファンデーションが浮いてしまったりするのです。脂性肌の場合は皮脂の分泌を出来るだけ抑えるスキンケアをして肌の水分と油分のバランスを良くしてあげる事がとても大切です。脂性肌の人は皮脂の分泌が多いため、目元の乾燥よりもアイメイク崩れの方が気になるようです。朝塗ったマスカラが昼にはよれてしまったりと皮脂が出すぎても良くないのです。なので脂性肌の人は潤いは残しながら皮脂を抑えるスキンケアが大切です。

 

3-3.混合肌

混合肌はその顔のパーツによって肌質が違う人の事を言います。たとえば「おでこ」はテカテカしているのに「口元」はカサカサだったり、「鼻筋」が脂っぽいのに「頬」は乾燥している・・など部分的に肌の質が違う人の事なのです。混合肌が日本人に1番多く、場所によっては皮脂の分泌が過剰になっているところもあり、乾燥している部分もあるので注意が必要です。混合肌の人は比較的、目元は乾燥しています。なのでオイリーになりがちなTゾーンはファンデが浮かないのに目元だけ粉っぽくなってしまったりとそんな悩みも多いです。脂性肌も乾燥肌もどちらも水分はとても大事なので混合肌の人も水分を肌にしっかり閉じ込めておく事が大切です。自分に合った化粧水を見つけるのが大変かもしれませんが続けることによって肌が改善します。

 

3-4.乾燥肌

乾燥肌の人は他の肌質と比べて皮脂の分泌がとても少ないので肌に水分を入れても蓋をする油分がないのですぐに蒸発してしまうのです。なのでどれだけ水分を肌に入れてあげてもすぐに蒸発しカサカサと白っぽくなってきたりするのです。そして皮脂は肌のバリア機能もあるので乾燥していることよって外部からの刺激を受けやすく、かゆくなったり赤くなったりしてしまうのです。もちろん乾燥肌の人は目元も乾燥しています。なので乾燥肌の人はまず肌の水分の蒸発を抑え、目元は目元専用の保湿クリームで厳重にケアしてあげることが必要です。そうする事で肌のバリアが出来て肌トラブルもなくなりますし、乾燥も気にならなくなるのでメイクをしても全体的に粉っぽかったり浮いてしまう事がなくなります。乾燥しているとシワも出来やすく老けて見えるので乾燥には注意して下さい。

 

4.自分に合ったスキンケアを探す事

目元 乾燥

上記のように人それぞれ肌のタイプも違うので自分の肌のタイプにあったスキンケアをする事で肌トラブルを防ぐことが出来ます。間違った方法でスキンケアをしてしまったり、さぼってしまうと肌に負担がかかり目元だけでなく顔全体的にたるみやシワが出来るようになってしまいます。たるみやシワが出来てしまった人の中でも原因が「乾燥」だけの人がとても多いのでしっかり普段から保湿さえしていれば肌トラブルもなくなるのです。

 

4-1.目元は高保湿な成分を使う

目元はどんな肌タイプの人でも乾燥しやすくなっています。他の部分に比べて乾燥してるという感覚が出ると思います。目元は他の皮膚の3分の1しか厚さがないので本当にデリケートで刺激を受けやすいです。なので目元は目元専用のケア用品で乾燥を防ぎ、シワ・たるみ・シミ・色素沈着などを改善・予防してきたいですね。【セラミド】という成分は保湿力が高いのでとても人気があります。

 

5.目元のケア方法

 

メイクをしていると目の下だけカサカサしてファンデが粉っぽくなったり、クマを消そうとしてコンシーラーを塗ったらコンシーラーが綺麗に入らずムラになってしまう事ってありますよね。それは目元の乾燥が原因なんです。他の部分が綺麗にファンデがのるのに目の周りだけメイクのノリが悪いのは目元だけ乾燥をしているからなんです。乾燥は気になるときだけ保湿をしても改善はしません。普段からしっかりケアしていくことで解消していくものなので、目の周りもメイクがのらないからといって保湿をしっかりしても上手くはいかないですよね。

 

5-1.美白効果のあるアイテムでクマを消す

私の場合はこすりすぎによる目元の色素沈着がひどかったんです。なので毎日ビタミン入りのパックをお風呂上りにして美白専用の化粧水と乳液を使い目元にも美白効果のあるアイクリームを使用しています。それを続けてから2週間で明らかに肌は1トーン以上明るくなり目元の茶クマもとても薄くなりました。なので自分がどんな肌なのか、どんな肌にしたいのかと目標を明確にする事でケアをするのも楽しくなります。

 

5.クマを消すコンシーラー

目元 乾燥

コンシーラーはクマはもちろん、ニキビ跡やシミなどの肌トラブルもしっかり隠してくれるアイテム。ですがクマを消そうと思って目元にコンシーラーを塗ると上手く広がらなかったり、ムラになったりすることってありますよよね。それは大きな原因が乾燥です。乾燥していることによってコンシーラーが綺麗に広がらず、ただ肌を傷めているだけなのです。そうなってしまう場合はきっとスティックタイプの固形コンシーラーを使っている人が多いと思います。固形のコンシーラーはカバー力は高いですが乾燥しているところに塗ってしまうと広がらずに肌が汚く見えてしまいます。なので目元には適していないでしょう。

 

6-1.目元には液体系コンシーラーを

目元のクマを消すためのコンシーラーはクリームタイプかリキッドタイプがオススメです。クリームタイプは油分を含んでいるので乾燥しているところに塗っても伸びが良く肌にしっかり密着するのでクマもカバーできます。油分を含んでいるので目元の乾燥を防ぐ役割もしてくれますし、とてもオススメです。

 

6-2.リキッドコンシーラーは使いやすい

リキッドタイプはアイライナーのように筆ペンになっているものが多く、サッと塗るだけでクマが隠せるのでとても便利ですし肌をこすらず済みます。クリームタイプよりカバー力は低いですが水っぽい感じなので塗っても肌馴染みが良くコンシーラーで隠してるとは思えないほど自然な仕上がりになります。

 

6-3.固形コンシーラーはシミに使う

他にもスティックやペンシルタイプのコンシーラーがありますがこの2つは目元以外のシミなどには向いています。しかし目元に使ってしまうと馴染ませるのにこすらなければいけないので目元にはオススメ出来ません。色素沈着で出来たクマがさらに悪化してしまいます。なので茶クマをカバーしたい人はクリームタイプかリキッドタイプの水分を含んだもので潤いのある目元にしましょう。

 

7.コンシーラーを使うと乾燥が目立つ

 

コンシーラーを目元などに塗ると少しザラザラしたようなパサパサしたようになる時ってありますよね。乾燥がひどいときなどはとくにコンシーラーが浮いてしまいます。そんな時には固形のコンシーラーをやめてリキッドや筆タイプのコンシーラーなど液体に近いものを使うのがオススメです。やはり固形タイプは固いので乾燥した肌に塗ってしまうと浮いてしまいます。水分の多いコンシーラーを使用する事で肌馴染みが良くカバー力もあるので目元のカサカサ知らずです。

 

8.目元専用パックでウルウルの目元に

目元 乾燥

最近では目元専用のパックが販売されていますよね。目元用に作られたという事が低刺激で保湿成分がたっぷり含まれているのでお風呂上りに目元パックをしてみるのも良いかもしれませんね。またコンシーラーも最近は保湿成分を配合したものなどもあるそうなので目元の乾燥が気になる人はぜひ試してみて下さい。

 

9.まとめ

 

人の肌はターンオーバー(新しく生まれ生まれ変わる)のでしっかりケアをしてあげれば必ずキレイになります。シミがあっても色素沈着でクマが気になってもたるみ、むくみも必ずキレイになるので諦めずにケアをしてみて下さい。

メイクはベースがとても重要です。キメが整っていてハリ・ツヤのある肌はファンデーションのノリも良く仕上がりもとてもきれいです。しかし乾燥している肌にファンデを塗ってもただカサカサするだけですよね。なので普段から正しい保湿とスキンケアが大切になります。目元が常に潤っている状態にしておけばメイクをするのも楽になるので頑張ってみて下さい。

 

8svnz5uoklaekvb1480658993_1480659388

ランキング2